忍者ブログ
[67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [58]  [59]  [57
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今ふと、メロンパンの食感だけ思い出して「あ、なんか食べたい、なんだこれ?」
ですぐにメロンパンだと気付いたんですが、
その食感の表現だけでメロンパンのことを的確に指すって難しいなと思いました。

例えばメロンパンという言葉を使わずにメロンパンを誰かに買ってきてもらうとかを想定すると難しさがわかるのでは。

とりあえず第一に私が思い出せたのは、
「甘い」と「ちょっとサクっとしてる」ぐらいしかなかったです。あと「ふわふわしてる」とか。
味に関しては「甘い」ぐらいしか言い様がなくないですか?
メロンパン独自のフレーバーはあるんだけど、それを表す言葉がない。
メロンの味ですらないし。

これがプリンなら、
「甘くてプルプルしててシロップに少し焦げた苦味と香ばしさがあって、卵っぽさとバニラの匂い」とか、特徴出せるんだけど。

「甘くてちょっとサクっとしててふわふわしてる」じゃ、何買ってこられるかわからないですもの。
むしろ「サクっと」の部分が特徴的だから、そこをメインにフィーチャーされて表面がビスケット的なオーバーサクサクなものをチョイスされそうだし。
サクサクさの具体的な程度とか表せばオーバーサクサクに陥る危険も減るかもしれないですね。
「表面の皮だけちょっとサクっとしてて中はふわふわ」とか。

ここに「パン」っていうジャンルを加えたり、「焼いた」とか「蒸した」とか「冷やし固めた」とかの工程、あるいは見た目の情報まで加えるとぐっと的中率は上がるんだけど、
しかし私が言いたいのは、味とか食感の表現の少なさのことなので、それは違反です。(何の)

メロンパンの味は他のパンとは違うのに、その差異をうまく表せない。
何よりも味が「甘い」しか言えないのが情けない。

色とかと違ってたぶん圧倒的に味の語彙が足りてないと思う。
食べたことのない人に食べ物の味を伝えるって無理だと思います。


味以外でも時々、表現する言葉がなくて残念なことが。
食べ物なら、そのものの固有名詞があるからいいんだけど、気分とか、状態とかでよくありますね。言葉がないだけに、それのことすら思い出せないですが。
外国では「勿体無い」という言葉がないとかね。
色の表現が7色しかないとかね。
言葉がある自分らにしてみればなんて不便な、と思うけど。




なんでこんなこと考えだしちゃったんだ、なんの逃避だと思ってたけど、
絵の発注文の読解と、イメージの的確な表現の難しさっていう今の自分の環境に繋がったりもした。まぁ完全に想定外の範疇でしたが。こじつけとも。

---
他人のイメージの読み取りって難しい。 と思う。
相手の頭の中ではしっかり象っているであろうものが、自分の脳内でうまく像を結ばなかったり。
正解は必ずあるであろうに、自分には解けない的な。。。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 報道 HOME 無題 >>
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
---
staccの最新1postを再生





ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
プロフィール
HN:
リイチ
カウンター
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]