忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

音楽業界は終ってるそうです。
最近の音楽、耳に残りませんもんね。
その音楽の力不足ってのも、資金不足が1原因みたいです。
業界が儲かってなくて、能力のある人は別のところに行ってしまってるらしい。(モバイル、IT系に流れたそうな)


今更CD買いましょうなんて言っても明らかに時代錯誤だしなぁ。
どう考えてもネットで無料で聴けるんなら、そっちを利用する。
そこにモラルを説いても仕方ない。
平沢進師匠はその辺凄いよなぁ。(平沢氏は有料配信の傍ら曲を無料配信していて、再配布も認めている。いわゆる大手業界からは身をひいている)


今後はアーティスト側が直接プロモーションかけるのが生き道みたいです。
ネット手売り、インディーズデビュー。
逆にそういう活動が出来ない人は今や成るに向いてない。
本当に自分の音楽を愛してるなら、自然そういう方向に流れるだろうってのもありそうですね。業界が頼りにならないからね。
いやでも腐ってもマスメディアって気はするけども?
気はしても実際売れてないんだから仕方ないか。


音楽業界に限らず全体的にこういう流れだと思います。
ネットの普及がそうさせた時代の流れかと。
個人の趣味の多様化と、マスが儲からなくなるのと
「ニッチ」で「ロングテール」な(個人クラスの)業界が求められるのと。

これからしばらく同人の時代、個人発信の時代だと思います。
大手は中身がないのにかさばって拡がってるゴミみたいなもんです。
もうお金を払っちゃいけないとすら思うよ。
これからは個人がグループになるなりして、質も上がっていくんだろうし。
大規模になるにつれて、不純物が増してまた崩壊するのかもしれないけど。


同人=オタクな図式が嫌でもあるけど、
ある種オタクでなければ個人発信できるクラスのものも作れないだろうなとも思う。
これだけオタク層が肥大してるからオタク同人から先駆けてくるのかなぁ、とか思う程度です。
逆に出せないのは不甲斐ないんじゃないかと思う。
なんのために肥大してるんだよ。(なんのためも無いと思うが)


業界のためにもっとシステマティックに課金できるようになればいいんだけどね。
ネットで流れ放題になってるうちは課金という慈善事業は流行らないなぁ。
ダウンロードすると(ローカルじゃなくても)自動的に課金になるとかぐらいじゃないと。


どうなんだろう、趣味制作の世界だけでは質は高まり得ないものなんだろうか?
課金ってなんだろう、っていう根源的なとこから疑問になったり。
アーティストが儲からないと質が落ちる、だから課金が必要っていう、そこから。
プロは減りますね。あ、落ちるか。
プロがいてこそ趣味制作のレベルも保たれるようなもので。

あとモチベーションは(質を下げるほど)金銭に依存しないと思ったけど、やっぱモチベーションの問題もデカそうですかね。金銭欲あるいはプレッシャーが作品作りのクオリティに。


-----
あと不思議なこと。
気持ちいい音楽と、つまらない音楽って、ジャンルに興味がなくても時代が違っても大体誰でもわかるんですよね。
これだけ好みが多様化しても、誰でもいい曲、ひいては売れる曲がわかる。
であるのに、それを狙って作るのはどうも難しいらしい、ってのが常々不思議です。
まさか業界側が、飽きるから作るのはたまにだけにしよう、っていってるわけじゃないだろうし?

大衆の好みだけを詰め込んだ、あざとあざとな音楽なんてクソみたいだと思うに違いないですけど。
というか頑張ってるけど大して響くレベルにならないのが不思議です。
そんなに難しいんだろうか?
なんで今のポップスシーンがこんなサワサワしたペラい音楽しか出せないのか不思議です。
わかりやすい音楽なんて、とか気取ってるんですかね。
わかりやすい太いメロディーのある音楽の方が売れそうですけど。

いい曲と思う要素に、繰り返しのプロモーションの効果ってのもあるけど、
それを除いても、大勢が初めて聴いてもいいと思う曲ってけっこう有意性のある偏りだと思う。

PR
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
---
staccの最新1postを再生





ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
プロフィール
HN:
リイチ
カウンター
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]