忍者ブログ
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

脳のタンパク質を操作して特定の記憶を消去することに成功した

って、サイバーパンクですね。
記憶操作・・・物語の中ではオイシイ要素ですけど。
まだ、新たに別の記憶を植え付けるってのは出来てないけど、時間の問題なのだろうね。

消去する方は、PTSDの治療とか名目が一応あるけど、
新規するほうは、第三者的に利用する~犯罪か、悪趣味に面白いってだけかも。
記憶は操作すべきではない、という一般論。
どんな記憶であれ、その人は過去を負っていかなきゃいけないだろうから。
「人はカルマを負って生きる」とか、ダメな部分も受容すべき宗教的モラルの理屈の中には、その人はその人でなくてはならない、もしくは~であってほしい、っていう願いもコミな気がする。

これが一転して、最高に合理的な社会になったとしたら、
くだらない人間はいなくなるかもしれないけど、また塩素漂白剤くさい未来観にドロップしそう。
でもその社会は何を目指してるんだ?

暗い犯罪も起こらない皆が一様に清く美しく力強く、競争もないのに謎の気力に満ちて、日々新しい技術や芸術が生まれるアルカディアは可能なのか。
そもそも既にその社会で「合理」とか「生産性」を享受すべき存在があるのかがあやしい。国家とか会社とか。

もうちょっと頭を使って、
負の感情や行動があるとしても、全てを享楽するメタ人格を全員に備えるとか。
これは良さそうだな。怒りや悲しみが起こっても、全ては映画を観るような達観の上の感動で、かといってその感動が薄いわけでもない。
なおかつ、その反動の全てを生産に反復できるような。

いずれ「心が1次元しかないなんて下等生物だww」とかいうことになってると面白いです。
たぶん仏教的な悟りってその、メタ人格獲得だと思うんだけど、よく知らん。
今で言うところの矛盾であることを、当然にする。
もしそんなアルカディアを望めるとしたら、私はそこへ進むだろうか。
まぁ、そういう時が来たら選ぶ選ばないに関わらず、押し付けられるだろうけどww


記憶操作というか、人格操作の話に。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
---
staccの最新1postを再生





ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
プロフィール
HN:
リイチ
カウンター
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]